主婦が在宅の仕事で生活していく方法(1)安全に稼ぐための心得編

主婦が在宅の仕事で生活していく方法(1)安全に稼ぐための心得編

主婦が在宅の仕事で生活していく方法を、全6回にわたってお届けします。インターネット回線さえあれば、自宅に居ながらお金を稼げる時代になりました。第1回となる今回は、稼ぐ前の心得編として、安全に収入を得るための注意点をご紹介します。

インターネット上で安全に仕事をするための3つのチェック項目

主婦が在宅の仕事で収入を得る方法といえば、アンケートモニター、商品モニター、アフィリエイト、webライター、クラウドソーシングなど、様々な手段があります。インターネットで「主婦、在宅、仕事、副業、在宅ワーク」などと検索すれば、大量の検索結果が出てくるでしょう。

しかし、そこに表示されているからといって、必ずしも安全な優良サイトとは限りません。悪質なサイトが混ざっている可能性もあるため、注意が必要です。騙されないためにも、これからご紹介する3つのチェック項目だけは必ず確認しておきましょう。

チェック1.登録費用が必要なサイトではありませんか?

登録自体にお金の掛かるサイトは、はっきり言って危険です。一般企業に就職するとき、面接や入社に対してお金を請求されることなんてありませんよね? それと同じです。初期登録費用などとお金を要求してくるようなら、危険度が高いといえます。

チェック2.情報商材のみを扱うサイトではありませんか?

「楽して稼ぐ方法」や「億万長者になれる方法」など、情報のみを販売しているサイトは、危険度大です。稼ぐための知識が紹介された書籍であればそれほど問題ないでしょうが、形のない情報の販売は詐欺も多いためご注意ください。

チェック3.高額過ぎる収入をうたってはいませんか?

日払い日給10万円、月収1,000万円も夢じゃない! など、いかにも高収入をうたっているサイトは大変危険です。技術や知識も必要とせず、そんなに簡単に稼げる方法なんて絶対にありません。気付かないうちに詐欺事件に巻き込まれていたなんて事例もありますので、惑わされないように注意しましょう。

POINT!

少しでも怪しいと感じたときは、インターネットでの口コミ検索をお勧めします。「収入が振り込まれない」「登録手数料を払った途端に連絡が取れなくなった」など、騙された人の経験談が出てくるようなら、登録は控えましょう。

インターネットで稼ぐならセキュリティ対策を万全に!

セキュリティ

インターネットで収入を得たいのであれば、セキュリティ対策は必須です。

個人情報登録ページのURLを確認しましょう

個人情報の登録が求められるページでは、URLがhttp://ではなく、https://になっていることを必ず確認してください。この最後の”s”は、個人情報の保護を意味しています。データを安全に送信できる証の表示です。

ID・パスワードはサイトごとに変えましょう

複数のサイトに登録するとき、面倒ではありますが、同じIDやパスワードの使い回しはやめましょう。もしもパスワードの情報が洩れてしまった場合、登録している全サイトから不正換金されてしまう可能性もあるからです。また、パソコンの故障やウイルス感染といった万が一に備えるため、ID、パスワードの控えは手書きのメモをお勧めします。

パソコン・スマホ・タブレットをウイルスから確実に守りましょう

氏名登録、口座番号登録、振込手続きなど、全てがインターネット上での操作になります。大切な個人情報を読み取ろうとする危険なウイルスの侵入を防ぐためにも、ウイルスバスターマカフィー アンチウィルスといったウイルス対策ソフトを利用しましょう。商売道具となるパソコン、スマホ、タブレットだけではなく、自分の身を守ることにも繋がります。

まとめ

振込口座

在宅の仕事でお金を稼ぐには、インターネット環境が欠かせません。そしてインターネットを通してお金を稼ぐには、安全対策が必ず必要になります。騙されたり、個人情報を悪用されることのないように、まずは自分で自分の身を守りましょう。

以上、自宅でインターネットを通して仕事を始める前の心得として、在宅で安全に仕事をするための注意点と、ネット被害を防ぐためのセキュリティ対策についてお届けしました。

次回からは、安心して利用できる優良サイトをご紹介していきたいと思います。

望月レモン


【訂正のお知らせ】
  • 文章修正のため訂正しました。(2020.7.17)
  • 目次を設置しました(2021.11.27)

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
ウイルスバスター

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.