主婦が在宅の仕事で生活していく方法(5)webライター収入編

主婦が在宅の仕事で生活していく方法(5)webライター収入編

主婦が在宅の仕事で生活していく方法、第5回となる今回は、webライター収入編です。webライターとして主婦が活躍できる理由や、初心者でも収入につなげられる、おすすめのクラウドソーシングサービスをご紹介します。

未経験の主婦でもwebライターになれる?答えはYES!

ライティング(文章作成)を収入源としている人たちのことを、総称してライターと呼びます。家庭用のパソコンやスマートフォンが普及したため、最近では紙媒体の雑誌だけではなく、インターネットで情報を集める人が増えました。それに伴い、webサイト用の記事を作成するwebライターが企業からも求められています。

主婦層をターゲットとした家電製品や生活雑貨の紹介記事、出産や育児経験者にしか書けない記事の作成など、女性の目線が求められる仕事の募集は多いものです。また、約束や納期を忘れない、タスク管理能力に優れているといった理由からも、主婦ライターの戦力はとても重宝されています。

ライターの経験がなくても、少しずつ経験を積めば大丈夫! 現在プロのライターとして生計を立てている主婦の方達だって、経験ゼロからのスタートでした。やってみたい気持ちがあるなら、”素人の私なんか……”なんて諦める必要はありません。誰だって、初めは初心者なのです。

クラウドソーシングサービスを利用して収入につなげましょう

主婦が在宅の仕事で生活していく方法(5)webライター収入編2

webライターとして生活するには、収入につながるお仕事を受ける必要があります。とはいっても、履歴書を持って、編集社に自分を売り込みに行く必要はありません。クラウドソーシングサービスを利用すれば、今日にでもwebライターとして活動を始められるからです。

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは、Crowd(群衆)とSourcing(業務委託)を合わせてできた言葉です。文字通り、”インターネット経由で多くの人に業務を委託できるサービス”を意味します。インターネット上でできる仕事を委託、受注、検索ができる、ハローワークのような存在です。

登録したクラウドソーシングサービスを通して仕事をし、報酬が一定の金額を超えると、自分の銀行口座に報酬が振り込まれます。実際に受け取れる金額は、システム手数料として報酬の3~20%、そして振込手数料が差し引かれた金額です。年会費などは発生せず、基本的に18歳以上であれば誰でも無料で利用できます。

クラウドソーシングサービス登録から報酬振込までの大まかな流れ

  1. クラウドソーシングサービスに登録
  2. 仕事を探す
  3. 仕事をする
  4. 報酬を受け取る
  5. 振込手続き(報酬が一定の金額を超えると手続き可能)
  6. 自分の銀行口座に報酬が振り込まれる

【実際に受け取れる金額の計算例(報酬税込10,000円、システム手数料20%、振込手数料110円の場合)】

10,000円(報酬)-2,000円(システム利用手数料)-110円(振込手数料)=7,890円

この計算式だけを見ると、”引かれる金額が大きすぎる”と感じてしまうかもしれません。手数料とはいえ、もったいない気分になってしまうでしょう。しかしその分、お金のトラブルの心配がありません。

なぜお金のトラブルの心配がないのかというと、クラウドソーシングサービスが、仕事だけではなくお金のやり取りも仲介してくれるからです。仕事を始める前の段階で、依頼者が支払うべき報酬を預かってくれています。そういったシステムに対する手数料は必要になりますが、個人でお金のやり取りをする必要がないため、とても安心です。

関連記事

仕事の内容や流れについては、こちらの記事「仕事、自由な時間、どちらも諦めたくない主婦が選ぶクラウドワークス」の中でご紹介しています。

初心者にもおすすめのクラウドソーシングサービス3選

主婦が在宅の仕事で生活していく方法(5)webライター収入編3

数あるクラウドソーシングサービスのなかから、仕事の量が安定していて、なおかつ初心者でも使いやすい、主婦の方にもおすすめサービスを3つご紹介します。

Lancers(ランサーズ)

Lancers(ランサーズ)はアンケートなどの簡単なお仕事から、ホームページの作成、デザインといった専門性の高いお仕事まで、文章作成以外にも幅広いジャンルのお仕事があります。大手企業とのタイアップ企画などもあるため、努力次第では大きなチャンスを手に入れられるでしょう。

  • 報酬振込:1,000円~
  • 締振込日:月末締翌15日または15日締当月末振込
  • 振込手数料:楽天銀行(110円)、その他銀行(550円)
  • システム利用手数料:5~20%

公式サイト:Lancers(ランサーズ)

CrowdWorks(クラウドワークス)

CrowdWorks(クラウドワークス)は、システム自体はほとんどLancers(ランサーズ)と変わりありませんが、初心者でも参加しやすい、簡単な作業の件数も多いのが特徴です。継続した仕事を紹介してもらえるサービス(ビズアシスタント)も、無料で利用できます。

  • 報酬振込:1,000円~
  • 締振込日:月末締翌15日または15日締当月末振込
  • 振込手数料:楽天銀行(100円)、その他(500円)
  • システム利用手数料:5~20%

公式サイト:CrowdWorks(クラウドワークス)

shufti(シュフティ)

shufti(シュフティ)は、主婦の在宅ワークを応援しているクラウドソーシングサービスです。Lancers(ランサーズ)CrowdWorks(クラウドワークス)に比べると仕事の数は少ないのですが、主婦向けの仕事、隙間時間でもできる仕事が多く掲載されています。

  • 報酬振込:605円~
  • 締振込日:振込申請期限(毎週火曜日6:59)までに申請すると、申請から1~4日以内に振込
  • 振込手数料:550円
  • システム利用手数料:10%

公式サイト:shufti(シュフティ)

まとめ

クラウドソーシングへの参加で道が開けた! という方も多くいらっしゃいます。登録は無料ですので、まずはお試しの気持ちで登録してみてもよいかもしれません。

成功の心得本

少し余談になるかもしれませんが、この本は、クラウドソーシングで活躍されている方たちの特集本です。なかにはLancers(ランサーズ)登録後、数か月で月収20万円を超えた主婦ライターの紹介記事もありました。こういった実体験を知ると、俄然やる気が湧いてきますね。

こんな主婦の方におすすめ!

webライターは、文章を書くのが好きな主婦の方、自分の知識や経験を活かしたい方、継続した安定収入を求めている方におすすめです。

以上、主婦ライターが業界から求められている理由と背景、webライターとして収入につなげるために利用したい、おすすめのクラウドソーシングサービス3選のご紹介でした。

主婦が在宅の仕事で生活していく方法、最終回となる次回は、趣味や特技で収入を得る方法をお届けします。

望月レモン


【訂正のお知らせ】
  • リンク修正のため一部文章を修正しました。(2019.08.14)
  • 目次を設置しました(2021.11.27)
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.