主婦が在宅の仕事で生活していく方法(6)趣味や特技での収入編

主婦が在宅の仕事で生活していく方法(6)趣味や特技での収入編3

主婦が在宅の仕事で生活していく方法、第6回となる今回は、趣味や特技を活かして稼ぐ方法をお届けします。

趣味や特技は収入につながります!

自分の”好き”が収入につながるとしたら、こんなに嬉しいことはありませんよね? ”まさか”と疑うかもしれません。でも、その”まさか”は、あるのです。今回はそんな、趣味や特技を活かして収入につなげる方法をご紹介します。

趣味や特技を収入につなげる方法7選

主婦が在宅の仕事で生活していく方法(6)趣味や特技での収入編2

趣味や特技を実際に収入につなげる方法として、代表的なものを7つご紹介しましょう。

物作りで稼ぐ

インターネット上のマーケットを利用すれば、自分で作った作品が収入につながります。洋服、雑貨、アクセサリー、おもちゃ作りなど、何か得意なものがあれば挑戦してみてはいかがでしょうか。

ハンドメイド作品のオンラインマーケットとして人気のミンネ【minne】や、NTTが運営している、ネット販売初心者にも優しいマルシェル【Marchel】といったサービスを利用すれば、わざわざ自分でショップを経営する必要はありません。もし、本格的な経営にチャレンジしたいと考えるなら、楽天市場への出店も方法の1つです。

【参考サイト】
こんな主婦の声も!

「少しでも自分のお小遣いになれば」と軽い気持ちで始めたのですが、今では予約待ちの手芸作家として生計を立てられるまでになりました。こんな状況は想像もしていなかったので、自分でも驚いています。多くの人に認めてもらえて、とても嬉しいです!

写真で稼ぐ

写真の素材サービス、国内最大級の写真素材販売サイト【PIXTA】写真素材ダウンロードサイト【写真AC】クリエイターとして登録すれば、自分の撮った写真で収入を得ることができます。人気が高いのは、個性的なもの、美しい風景、人物写真などです。写真素材として、雑誌やCM、テレビ番組のなかで使われることもあります。

【参考サイト】

イラストやデザインで稼ぐ

ランサーズクラウドワークスといったクラウドソーシングサイトに登録しておけば、デザインコンペに参加可能です。企業のコンペになると当選金額が大きいだけではなく、自分の名前を売るチャンスにもなるでしょう。

【参考サイト】
関連記事

コンペ形式でのお仕事については、こちらの記事「仕事、自由な時間、どちらも諦めたくない主婦が選ぶクラウドワークス」でも紹介しています。

執筆など書いて稼ぐ

電子書籍として小説や詩集、コミックなどを販売する人も多くなりました。書店だけではなく、インターネットで読み物を探す人が増えため、需要も多いのです。話題性があれば、雑誌への連載やドラマ化の可能性もあります。

もしも思い描いているネタがあるなら、形にして販売してはいかがでしょうか。購入されれば、印税が入ります。

【参考サイト】

秘書の経験を活かして稼ぐ

秘書として、リモートで仕事を受けることもできます。資格があっても、眠っていれば宝の持ち腐れです。結婚や出産を機に仕事を離れた女性でも、インターネット環境さえあれば、場所を選ばず秘書として給料を貰えます。

【参考サイト】

エンジニアやWebデザイナーの知識を活かして稼ぐ

エンジニアやWebデザイナーといった専門知識は、大きな収入につながる強みです。知識や技術があるのなら、ぜひ収入に繋げましょう。

【参考サイト】

スポーツくじで稼ぐ

半分遊びではありますが、最高当選12億と金額の大きさが魅力のスポーツくじ。くじに限らずとも、ワクワクするような楽しみは気分転換にも最適です。

【参考サイト】

あとがき

主婦が在宅の仕事で生活していく方法(6)趣味や特技での収入編

全6回にわたって、主婦が在宅で稼ぐ方法をご紹介してきました。何か1つでも、興味を持てた方法がありましたでしょうか?

インターネットが普及した今、会社勤めをしなくても、在宅で収入を得られるようになりました。子育てをしながら、介護をしながら、病気の治療をしながら、自宅を職場として稼いでいる主婦の方が大勢いらっしゃいます。

在宅ワーク=内職作業という、ひと昔前のイメージがまだ残っているため、簡単には周囲からの理解を得られないかもしれません。しかし、働く場所を選ばない働き方で収入を得る人が、日本でも増えてきているのは事実です。

家族の予定や行事に合わせて休みを調整できる仕事は、主婦にとって、とてもありがたい存在。主婦の皆様が、ご自分のライフスタイルに合った働き方と出会い、心身共に安定した生活を送れる。この記事が、そんな毎日を手に入れるきっかけになりましたら嬉しく思います。

望月レモン

【訂正のお知らせ】
  • リンク修正のため文章を一部訂正しました。(2019.08.14)
  • 目次を設置しました(2021.11.27)
  • リンク先の修正を行いました(2021.12.9)
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.